忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一O代の男女に蔓延す(o>Д<)o

"無防備なセックスを繰り返すうちに、若い世代でSTDが広がっていく現状から目をそらすことはできない。
私が診た男性のSTD患者さんで、最年少は一四歳の男子中学生だ。診療現場にいる医師は、「小児以外はSTDを疑うべし」という姿勢で臨まな付れば、治療したつもりで、かえってこじらせる原因をつくることにもなりかねない。
年齢別にかかりやすいSTDを比較してみると、一O代では男女ともにクラミジア感染症が圧倒的に多い。この年代のSTDの約五割はクラミジアと考えてよいだろう。
通常、クラミジアが感染して発病するのは、男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎である。一O代、二O代の女性の子宮頚部は、円柱上皮といわれる粘膜部分が、陣内に大きく露出している。クラミジアは、ここに好んで繁殖する。解剖学的に見て、若い女性は感染しやすい条件をもっているのだ。

ローンで支払っていた男性①
「ここは保険が使えるんですね。前にかかっていた病院では、『健康保険はいっさい使えない」って言われていたんですが」
慢性前立腺炎の症状で受診した男性がぼやいている。
「保険が適用される検査法や治療法は、ある程度枠がありますからね。医療機関によっては、そういう枠にとらわれずに『自由診療』でやるところも確かにありますね」
「それにしても高いと思いませんか?私は、結局、ローンで二O万円近く払わされたんですよ」
「ローンですか?」
手持ちのお金がなかった彼は、カードローンを組んで、治療を受け続けていたのだという。高額な治療の効果がはかばかしくなかったことは、私の目の前にいることからも明らかである。
健康保険を使わない場合、医療施設によって値段を決められる。このような自由診療が悪いとはいわない。「それでもよい」と患者さんが納得したうえでの契約関係に基づいているのだから、とやかく口を挟むことではない。" クラミジアの治療でクラビット?

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]